書きます

書きます。加筆修正もあります。

夏休みに観た作品を振り返る⑤「サチのお寺ごはん」

こんにちは、わしです。

やっと最後の作品に来ました。

今回は夏休み最終日に完走した、精進料理飯テロドラマ「サチのお寺ごはん」です。

f:id:luvttttuv:20190919115216j:image

公式サイト→【TVドラマ『サチのお寺ごはん』公式サイト

 

 

 

これを見始めるきっかけは、もう最初の画像でお察しだと思うんですが、推しである水野さんが出演されているからです。

でもよくよく調べてみると、タイトルにもあるように「お寺ごはん」すなわち、精進料理が登場するんですよね。

わしは何かを"食べる"という行為に一番の幸せを感じるタイプの人間なので、「推しも見れて飯テロもくらう!絶対最高のドラマだ!」と思って視聴を決定しました。

加えて、原作も予習しとこうかな…と思ってドラマ視聴前に漫画を購入!

 

サチのお寺ごはん 1 (A.L.C. DX)

サチのお寺ごはん 1 (A.L.C. DX)

 

 

でもこのパターン、大体ドラマ見て満足して集めるのやめるがちですけど……なんと!わしにしては珍しく、読むとすぐさま沼り既刊6巻をすぐ集めてしまいました。

心が温まるお話+美味しそうなお寺ごはん(レシピつき)

という構成で読みやすいです。

なんと言っても源導さんのお言葉が身に染みる。

…と、原作を少し語ったところで、ドラマ本編の振り返りに入ろうと思います。

 

少々改変はあれど、基本的には原作のストーリーを踏襲しています。

公式からのイントロダクションを引用すると、

臼井幸(うすいさち)という名前の通り、何かといちいちツイていない、毎日コンビニ飯ばかりのOLが出会ったのは、料理で仏の道を伝える3人組。お寺で精進料理をいただきながら、ごはんをきちんと食べることの大切さを教わり、生きにくい毎日が楽しくなっていく。そんなサチが毎回、仕事、人間関係、恋愛でつまづきながら少しずつ成長していく、お寺を舞台にしたグルメ・ラブストーリー。

とのこと。ラブストーリーと書かれていますが、そんなにがっつりしたものではないです。(個人的には)

 

主人公のサチさん役は谷村美月さん。

またこの幸が薄そうな演技が"合ってる"。

f:id:luvttttuv:20190919115316j:image

で、お寺男子3人組(自分はお寺組と呼んでました)は、

f:id:luvttttuv:20190919120902j:image

住職の源導さん役に水野勝さん、

実家のお寺を継ぐために修行中の唐丸くん役に田村侑久さん、

源導さんの元で精進料理を学ぶ大学生、小木くん役に清水天規さん。

がキャスティングされています。

この中に自分の推しがいる方!料理シーンは必見です。

 

わしは源導さんがお経をあげている姿がめちゃくちゃ好きで………。法衣姿も最高に似合ってます。

あと源導さんは普段の水野さんと真逆のキャラをしているので新鮮でした。

また、原作から入った身として、唐丸くんとたむたむは本当に似ていて、このキャスティングは天才だと思ったし、小木くん役の清水くんはこの作品がドラマ初出演なんですね!!!あんまり祭は詳しくないですが、根っからの料理男子みたいで……。このキャスティング、天才か?(2回目)

 

それと実写化にあたりそりゃお料理シーンも実写化されているので、原作でも美味しそうだった料理がより美味しそうになってます。そりゃリアルな映像だもの!!!!

個人的には、理解力が及ばず何回読み直しても「んん…?」ってなってた調理過程(特にとうもろこしの粒を分ける過程)が映像になる(=実演されている)ことによって、「あ、そうやってやるんや〜」とやっと理解できたので、そこらへんも有難かったなあ…。

 

また、推しに注目して振り返りをすると、さっきの繰り返しになっちゃうんですが、普段の(ボイメンの黄金柱としての)水野さんと全く真逆の在り方をしている源導さん。

 

公式サイトに載っている水野さんのコメント(一部抜粋)でも、

お経、料理、所作、とにかく初めての事づくしで、撮影前から壮絶な戦いが待っていました。そして、これだけおおらかな性格、考え方など、普段の自分とかけ離れていて戸惑いました。 しかし、演じる事が大好きな自分にとって、新しい事にチャレンジでき、これほど幸せな時間はありません。

と語っています。

 

彼の人柄は例えるなら満月の夜(暗闇にさす一筋の光的な…)とか、春の暖かい陽射し、みたいな感じ。

(わし独特の語彙です。すみません。)

サチさんも作中で、源導さんをとある飲み物に例えています。(見てからのお楽しみということで…)

なんというか、"柔"の人なんですね。源導さんは。(お坊さんなのでそりゃそうなんですけど…)

特にたむたむ演じる唐丸くんとの会話で、源導さんの柔らかさを感じるかも。

いつも2人の会話を見ながら、(これが普段の水野さんとたむたむなら、今絶対たむたむしばかれてたな……)と思う時が何度かありました。

 

そして何より、原作でもお馴染みの源導さんによる有難いお言葉を推しの声で聞けるのが嬉しい!!!推しは信仰対象。(限界オタク並感)

 

最後に主題歌。ボイメンが出演してるドラマって大体主題歌とかは彼らが担当していて、(今回もかなー、でもあるって聞いたことないな)と思ってたら…

オマエもかっ!?

オマエもかっ!?

今回は小木くんを演じている清水天規さんが所属するグループ、祭nine.が担当していました!!

明るくなれる曲です!

 

 

 

 

余談。

これまで、このブログを始める以前から、風太とか、晴海先輩、鴛鴦さん、それとヤブ医者さん等、様々な役を生きる水野さんを見てきて、(この役柄好きだなー)とかぼんやり考えてて、今のところ、その好きな役柄ランキングの暫定トップはヤブ医者さんだったんですけど、源導さんを演じる彼を見て、好きな役柄ランキングが変動しそうになっています。………助けて……… 

 

ていうか縁泉寺の近所に住む幼女になっておやつの時間とかに遊びに行って「おやつちょーだい!!!」とねだりに行きたい。とりあえず近所に住む子供になりたい。ガキ大将でもいい。

…とふざけた物言いはこれくらいにして、以上、夏休みに観た作品を振り返るシリーズでした。

 

多分これからのこのブログは観た作品やイベントを振り返る記事が多くなると思います。

今後ともよろしくお願いします。

 

ていうか今回めっちゃ長い!!!レポートで3000字って指示されたらしぬ人間なのに!!!今も2400字のレポート行き詰まっとるわ!!!!

 

(という見苦しい文章で終わらせたくないので最後の最後におまけです。

りんごの皮むき(うろ覚え)をする、そしてお経を唱える水野勝さんの動画です。

YouTube )