書きます

書きます。加筆修正もあります。

【若干ネタバレ有】カラクリキタンから当時の女子教育について調べちゃった

⚠︎この記事は若干イベストネタバレを含みます。

 

こんにちは、わしです。

まずは〜〜〜〜〜!!!!

ボイ恋くん2周年おめでとうございます!!!!!!!

(感謝課金します……!!給料日なったらね!)

 

そして待ちに待ったイベスト!!カラクリキタン!!!こいつが役に立つ時が来………

カラクリキタンの時代背景等を調べてみたメモ+追記(最終更新9/21) - 書きます

ませんでした!!!そりゃそうだ!謎解きだもの!

でもこのイベストの時代背景は「明治43年」ってことが判明されましたね。明治34年の方は誤植だったか………

でも調べるの楽しかったです。

 

じゃあ何でまた記事書いとんねん!ってなりますが…それは…

推し(水野さん)ルートでの主人公の台詞に「女学校を卒業して女子大に通ってます」的なものがあって…

(当時って女子大って概念無かったんとちゃうか…?)

と思ってしまい、こうなったら調べるしかねえ!!!!と真面目な性格に火がついたからです。

いや〜、ボイ恋くんのおかげで改めて近代の歴史について学べるのでありがたいです。良い機会だ…!

 

では本題に入って……

当時の「女子大」にあたるものは何だ!?

(参考はwiki先生です)

 

女子の高等教育機関が登場したのは明治30年頃。

 

1903年明治36年)専門学校令が施行され、それに基づいて女子に対して専門教育を行う高等教育機関である旧制女子専門学校が登場します。

この「旧制女子専門学校」が今で言う女子大学 みたいなものらしいです。

実際に「大学」と名のつく女子専門学校もありましたが、学制上は「専門学校」という位置づけでした。

(ちなみに、旧制女子専門学校は歴史的には多くの女子大学や短期大学、一部の公立大学の源流と位置づけられているみたいです。例:同志社女学校専門学部→同志社女子専門学校→同志社女子大学、女子英学塾(1900年創設)→津田英学塾→津田塾専門学校→津田塾大学 などなど)

 

しかし、旧制大学(現在の大学の3・4年次と、大学院の修士課程(博士前期課程)や専門職学位課程などに相当)には女子大学として設置されたものはなかったため、女子が大学レベルの教育を受けるためには一般の大学に入学する必要がありました。

(ちなみに、旧制大学が正式に女子学生を受け入れた1946年とのこと。)

なお戦前の学制では、女子学生は大学の進学課程とされていた旧制高等学校に入学することができなかったため、女子学生が大学に進学するには女子高等師範学校、女子専門学校から進学(傍系入学)しなければいけませんでした。

なので、女子教育における最上位の高等教育機関として、女子専門学校は位置づけられていたといえるでしょう。

 

図を引用するとこんな感じ。

f:id:luvttttuv:20190921165343j:image

Wikipedia「女子教育」より引用

 

ここでまとめに入ると、

・近代での「女子大」にあたる教育機関は「旧制女子専門学校」であった。

・女子は一応大学に進学できるが、師範学校や専門学校を経なければならなかった。

ということです。ちょっと自信ないけど……

 

ということはつまり、主人公が通っているのは「女子専門学校」であることが考えられます。

まーでも、ゲームでそんな専門的な言葉出されても、分からない人が大半だよな……と考えると、台詞に「女子大(=恐らく女子専門学校)」という言葉を登場させたのは主人公の背景を(プレイヤー側に)簡単に理解してもらう役割を果たしていると…!(知らんけど)

あーでも「女学校」って単語出てたしなー。うーむ…… 

見直すために推しのストーリー2周したくなってきた!とりあえずイベント頑張ります。

 

 簡単にまとめてみましたが、女子教育の歴史って難しい!!!!! 書いては消し書いては消しの繰り返しでした。

それと、女子教育の歴史を調べて思ったけれど、自由に教育を受けることが出来る現代(いまと読んでください)を生きる私たちはめっちゃ恵まれてるんやなと思いました。ちかれた〜 でも色んな学びを得ました。

 

最後にカラクリキタンの所感を述べて終わろうと思います。

古風な考え方を持つ役柄のつ…じ…がめっちゃ最高です。

絶対結婚したら亭主関白やん まさに「女子は三歩後ろ歩いて」ですねえ!!!!

ハリガネーゼ

ハリガネーゼ

  • Silhouette from the Skylit
  • ロック
  • ¥250

 

ていうかもうメン一人一人のキャラが魅力的。実際にドラマやってくれんか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!? 

明治時代が舞台のサスペンスでも全然いい!むしろ見たい!

 

あと推しの敬語は何となく源導さんを想起させました、"柔"の雰囲気がある。それでいて、手腕もある感じ。最高か?ボイ恋くんまじで天才ですわ。

明治パロまじで恒常ストーリーに入れて欲しい〜

時代的に新時代の女性が台頭するら辺なので、一応恋愛もワンチャンあるというか、許嫁設定でもいけるような……

あ。「はいからさんが通る」を読み始めたんですけど、少尉も「結婚してから恋をすればいいんです」みたいなこと言ってたから、許嫁設定も魅力的。

まあ泣いても笑ってもこれはイベストなんですが…………

 

というわけで、語りはこれくらいにしておはぎを食べようと思います。

それでは!