書きます

書きます。加筆修正もあります。

ペラペラさんの強さについて

こんにちは、わしです。

 

学校始まって何も走れてない〜!!!ので、今回は振り返りではなく雑談的な感じで。

幻覚トークしましょうや……。

 

交錯
 

 

ドラマ「ミナミの帝王ZERO」最終話です。

個人的にこの話の見所は銀次郎さん、そしてチーム銀次郎のアクションシーン!と思っています。

特撮生まれ高低育ちの人間としては、アクションシーンが大好物で…ほぼそれ目当てに見てまして。

ある日、ふと疑問に思ったことがあって…それは、

「ペラペラさん闘ってないけど、強さは如何ほどなのか?」

という……。

誰得!?って感じですがお付き合い下さい。

 

一応ペラペラさんについて軽く説明しておくと、

勇翔さんが演じる、チーム銀次郎の英語(英会話)担当。 このお名前は"通称"なので、本名が別にあると思われます。絶対かっこいい名前でしょ。

予想はマークだと思う。

25歳、職業は英会話学院の教員。

f:id:luvttttuv:20190927191259j:image

好きな食べ物はハンバーガー。

日本語にちょいちょい英単語を挟んでいく喋り方なので、まあなんというか、顔が良いルー大柴みたいな感じです。

顔が良い!!!

そんな顔が良い彼、作中では長老の肩を揉むシーンもあって、圧倒的な孫みを持ち合わせています。

 

(ちなみにミナミの帝王ZEROスペシャルイベント内で勇翔さんは、ペラペラさんの役作りについて、

「ふわっと掴めないキャラで、色んな女の人と遊んでいる感じは出した」とのこと…!裏話が聞けるイベント、良いですね……)

 

 

そんな推せるポイントがでっかいペラペラさん。

彼を演じる勇翔さんは主題歌「頭の中のフィルム」でも敵の不良に頭突きをぶちかましています。

YouTube

通称"世界の救世主"だし、ペラペラさんも強いんじゃないの〜?頭突きぶちかますんじゃないの〜?

と、思ってたんです。10話をリアタイするまでは。

 

喪服に身を包み長老の復讐を開始するチーム銀次郎!各々の職種にちなんだ武器を持って戦います!!!

(教授:催涙スプレー、館長:体術、IT:キーボード、バンク:ブラックジャック(小銭を巾着袋に詰めたもの)、ヤブ医者:注射)

f:id:luvttttuv:20190927192816j:image

リアタイした人はお分かりかと思いますが、このシーンでペラペラさんは何も武器を持ってません。

その代わり…"Let’s…Fight!"と闘いの合図をかけてくれました。画像は正にそのシーン。

f:id:luvttttuv:20190927195844p:image

(多分BASARAでいうレッツパーリー的な感じかなと自分は解釈しています。)

ここで自分は(あー、ペラペラさんは頭突きやから武器無いねんな。勇翔さんのアクション楽しみ〜!)と勝手に思い込んでました。

が!!!

無い!!!!!

さすが館長アクションかっこいいな〜教授催涙スプレースマートやな〜バンクさん闘い方おもろいな〜ITさんのよいしょー!からのヤブ医者さん注射刺す時めっちゃ楽しそうやん好き。からの、

ペラペラさん「Hello〜♪」

……あれ? 闘ってない…?頭突きは…?

 

その後も闘うシーンがない。(中沢に攻撃を仕掛ける感じのストップモーションはあれど… あそこのカメラワーク最高ですよね。高低イズムを感じました。)

何でや!!!!

…そこで本題に戻るわけです。

ペラペラさんの強さは如何ほどなのか?

何故彼はあそこで「Hello〜♪」(聞きようによっては煽りっぽくも聞こえる)という言葉だけで優雅に闊歩していたのか。

この疑問に対してわしはこう考えています。

『実はペラペラさんがチーム銀次郎内で1番最強説』

あの…キレると実は怖い的なね!!

キレると手がつかなくなるタイプなのかなって…!

思うわけです!!

普段はふわっとしてるけど、実はめっちゃ強い!

みたいな。

(要するに中沢組は弱すぎて手を下す必要が無い的な…… 5人の強さで十分みたいな…)

 

そういうギャップ的なのをペラペラさんに…望んでいます…が…いかんせんこれは既に終わったドラマ……スピンオフも当然出ない…ニチアサならVシネ作られたのにこれ…絶対Vシネ「チーム銀次郎」シリーズ出てたでしょ、長老とチーム銀次郎の出会い編。

原作における「利権空港編」もドラマで見たいですね…!せっかく沢木さんも最後の最後で登場したし……!

 

まあ、そんな訳で、今回の記事はチーム銀次郎の幻覚でお送りしました。

ミナミの帝王ZEROを走った方はペラペラさんの本当の強さについてどう思いますか…?

どこかで色んな方の解釈を見れたらいいな…

Twitterでアンケートも考えたんですがさすがにわしは拡散力がないので………

こちらで好き勝手語りました。

あー楽しかった!

雑談的な記事も書くのも良いですね!

 

それでは!